当院の紹介

ご挨拶

そはら整形外科は先代 故曽原道和医学博士により1982年に現在の千葉県四街道市鹿渡1109番地に開院し、多くの周辺住民の皆様のご理解と支えがあって現在に至ります。

2003年より介護保険を利用したクリニックデイケアそはらを併設し、介護保健を利用した高齢者向けのより肌理細かい運動器リハビリテーションを行っております。

2005年より先代の創設理念を継承し引き継ぎ微力ながら地域医療に貢献させていただいております。

2025年を境に四街道市は全国平均や千葉市の高齢化率を一気に上回り、急速に高齢化が進むと予測されおります。

当院は地域のニーズを常に注視しその役割を最大限発揮できるように努力する所存です。運動器領域でお困りの際はお気軽に受診をお願い致します。

そはら整形外科 院長 曽原 康嚴

院長紹介

院長氏名 医学博士 曽原 康嚴(そはら やすよし)
趣味 犬との散歩と対話、ダイエット、スポーツ全般
経歴

昭和39年 東京都生まれ、東京学芸大学付属世田谷中学校中央大学附属高等学校東海大学医学部 卒業後、東京厚生年金病院 整形外科医員を経て、平成13年 名古屋大学大学院医学研究科 博士課程修了。

ヒアルロン酸に関するシグナル伝達経路の解明により医学博士号取得(医博第1464号)し第8回東海大学星医会賞を受賞。

平成13~16年 南カリフォルニア大学医学部(USC)留学、ロサンゼルス子供病院(CHLA)サバーンリサーチインスティテュート 留学(NIH リサーチフェロー)。

在米中はビスフォスフォネート(BP製剤)がガンによる骨破壊を抑制することに関する研究IL-6を介した骨髄間葉系幹細胞と破骨細胞の関連に関する研究に従事した。

帰国後、名古屋大学アイソトープセンター医学部分館助手(文部教官)を経て、平成17年1月よりそはら整形外科新院長に就任し、現在に至る。

所属学会 日本整形外科学会日本臨床整形外科学会日本リハビリテーション学会日本骨粗鬆症学会日本デイケア学会日本運動器科学会
医師会・四街道市関連 日本医師会会員、印旛市郡医師会会員、身体障害者認定医、介護保険医、健診(整形外科健診のみ)、予防接種
論文業績(代表10編)
  1. Peng H, Sohara Y, Moats RA, Nelson MD Jr, Groshen SG, Ye W, Reynolds CP, DeClerck YA. The activity of zoledronic Acid on neuroblastoma bone metastasis involves inhibition of osteoclasts and tumor cell survival and proliferation. Cancer Res. 2007 Oct 1;67(19):9346-55.
  2. Mouchess ML, Sohara Y, Nelson MD Jr, DeCLerck YA, Moats RA. Multimodal imaging analysis of tumor progression and bone resorption in a murine cancer model. J Comput Assist Tomogr. 2006 May-Jun;30(3):525-34.
  3. Fukaya Y, Ishiguro N, Senga T, Ichigotani Y, Sohara Y , Tsutsui M, Shioura T, Iwamoto T, Hamaguchi M. A role for PI3K-Akt signaling in pulmonary metastatic nodule formation of the osteosarcoma cell line, LM8. Oncol Rep. 2005 Oct;14(4):847-52.
  4.  Sohara Y , Shimada H, DeClerck YA Mechanisms of bone invasion and metastasis in human neuroblastoma Cancer Letter 2005 Oct 18 228(1):203-209
  5. Sohara Y, Shimada H, Minkin C , Erdreich-Epstein A, Nolta JA , and DeClerck YA . Bone marrow mesenchymal stem cells provide an alternate pathway of osteoclast activation and bone destruction by cancer cells. Cancer Res. 2005 Feb 15; 65(4): 1129-1135,
  6.  Sohara Y , Shimada H, Scadeng M, Pollack H, Yamada S, Ye W, Reynolds CP; DeClerck YA. Lytic Bone Lesions in Human Neuroblastoma Xenograft Involve Osteoclast Recruitment and Are Inhibited by Bisphosphonate. Cancer Res. 2003 Jun 15; 63 (12) :3026-3031.
  7. Zhang Y, Thant AA, Hiraiwa Y, Naito Y, Sein TT, Sohara Y , Matsuda S, Hamaguchi M. A role for focal adhesion kinase in hyaluronan-dependent MMP-2 secretion in a human small-cell lung carcinoma cell line, QG90. Biochem Biophys Res Commun. 2002 Jan 25; 290 (3):1123-7.
  8. Zhang Y, Thant AA, Machida K, Ichigotani Y, Naito Y, Hiraiwa Y, Senga T, Sohara Y, Matsuda S, Hamaguchi M. Hyaluronan-CD44s signaling regulates matrix metalloproteinase-2 secretion in a human lung carcinoma cell line QG90. Cancer Res. 2002 Jul 15; 62(14):3962-5
  9. Sohara Y, Naoki Ishiguro, Kazuya Machida, Hisashi Kurata, Aye Aye Thant, Takeshi Senga, Satoru Matsuda, Koji Kimata, Hisashi Iwata, and Michinari Hamaguchi. Hyaluronan Activates Cell Motility of v-Src-transformed Cells via Ras-Mitogen-activated Protein Kinase and Phosphoinositide 3-Kinase-Akt in a Tumor-specific Manner Mol.
    Biol. Cell 2001 Jun; 12: 1859-68.
  10. Sein T. T, Thant A. A, Hiraiwa Y, Amin A.R.M.R, Matsuda S, Sohara Y, Yamamoto T
    and Hamaguchi M. A role for FAK in the Concanavalin A-dependent secretion of matrix
    metalloproteinase (MMP)-2 and – 9. Oncogene 2000; 19 (48) 5539-42

当院の診療体制

  1. 社会保険、国民健康保険、介護保健、自賠責保険および労災保険など各種保険診療体制に対応しており、地域密着型ホームドクターとして運動器疾患を軸に診療いたします。
  2. 病状について発症時の状況や内容、又その背景にある行動様式(例えば職種、スポーツ習慣など)を詳しく問診しその後適切な検査を行い病因や病状の説明の後、治療を行います。
  3. 治療は理学療法士による運動器リハビリテーションを中心に、生活行動・動作訓練、物理療法、投薬・注射、外来手術、装具療法、マッサージ療法、食事指導などを組み合わせ最善で効果的な治療を行います。
  4. 多種多様な症状に対応し、年齢、性別、職業、生活スタイルなど、その疾患の背景にある要素を分析・考慮し肌理細かい治療の実現を目指します。
  5. 連携病院の専門医を定期的に招聘し特診外来を行います。また医学的に必要であると判断した場合は、疾患別に高度医療機関へ適宜ご紹介致します。